夏休みを俺にちょうだい?

「どうして?みんなの前部でイったインプレッションは?やっぱ見られたほうが受取るみたいだね。なおさら見て貰おうか?」
「い、いや……もはややめて……」
「万全。すぐに俺以外、どうしてでも嬉しいって思わせて与える」
――現時点、自分はドクターに犯されてある。スクールの講義で。しかも校庭にある皆に見えてしまうみたい、窓際に立たされ、後ろからドクターのアレを私のアソコに差し込みされて。
どうして?どうしてこんな事になってしまったの……?
これは長時間も前の事柄。夏休みを前にした登校最後、自分は一人、アート室でコンクールに発表用の挿絵を成し遂げるべく取り組んでいた。
でも、
「花村氏」
「あ、ドクター……」
アート部の顧問です高崎悠介ドクターがやってきた。若々しくて見栄えも美しく、きめ細かいドクターが側にいると、ついついドキドキして仕舞う自分。特別恋心を抱いているわけでもないのに。
ただドクターが側にいて、自分に挿絵の申し込みをできるだけ。ええ、それほどです。
でも、ドクターが事態でわずかアート室を出たときの事柄。
サッカー部の澤田さんが入ってきて、
「おう、花村。あのさ……俺……花村の事が好きです。気長に待つから受け答え……待ってる」
え!?いきなりの発表。驚く自分。けれどその加減をドクターは見ていて、
「ダメだよ。他の男性のものにのぼるなんて許さない……」
それほどいってたちまち自分を押し倒した!?
書物作品は妻スペック作品で、美男の初々しいドクターに直ぐに女子高ライフが押し倒され、監禁されてエッチしまくって仕舞うというお伝え。
広告などでも有名な書物作品。妻スペックではありますが、他のTL漫画よりもエッチ景況が数多く、いちゃいちゃラブラブエッチ以上にキツイエッチのシーンも有るので、男性でも楽しめるのではないでしょうか。
何より、始め~中盤まではドクターに必ず罹るのを嫌がっていた花村氏が、ラストはドクターにメロメロになるのが望ましい!ってコイツネタバレになるのかな^^:
けど二人がようやくキスをする風景。パワーを通わせ見合う風景は、そこに至るまでの過程はやはり、思い切り良く、それでいてロマンティックだったりします。
でもエッチは執念深い!校庭でサッカーをやる澤田みなさまに発するべく、花村氏を講義の窓辺で犯しちゃうドクター。そういう羞恥心染みるレクレーションに嫌がりつつも、ふともらいまくって仕舞う花村氏。
2人は実は相当相性がいい?みたいで、お似合いの夫妻なんでしょう!
書物作品はお喋り数値も比較的に速く、さくさく読めるのが魅力的ですよね。要素も安いですし。挿絵も甚だしく周到。
書物作品はハンディ漫画他で賞賛送達インナー。善悪一度!
車買取り